« #5 マンハッタンのオキテ | トップページ | #7 NYディナーのしきたり? »

#6 夢みたいに恋みたいに

それからの5日間は、まさしく夢のような日々だった。

23年間生きてきて、生きてることっていいよな、なんて、一度も意識したことなかった。

平々凡々、めちゃくちゃよくもないが、どうにもならないほど悪いわけでもない生活。

朝起きて、バイト行って、お弁当食べて、帰ってご飯食べてお風呂に入って洗濯して、寝る。
休みの日には友だちと会って、雑貨屋さんとかケーキ屋さんとか行って、DVD借りてきて、ご飯を作って、寝る。

ほんとにごくごくフツウの生活だ。

大学時代にちょっとだけつきあった男の子がいた。
考えてみると、あたしの恋愛モード期間は笑っちゃうほど短かった。
だけど確かにその期間は、アドレナリンやらドーパミンやらビフィズス菌やら、体内にいいものがあふれてて、生きてるのが通常の2倍以上は楽しかったように思う。

だけど、いま。

こうして五番街を、空に突き刺さる摩天楼を見上げながら歩いている、いま。

街角でホットドッグを買ってかぶりつきながら、日本の倍くらいの大きさの紙コップでスターバックスのカプチーノを飲んでいる、いま。

この瞬間ほど、生きてることを楽しんでたときって、あっただろうか。

誰かに恋してるときって、確かに楽しかった。
だけど恋が終わってしまえば、それは苦しいだけのものに変わってしまった。

でも、いまはどうだろう。

この街にあたしがいられるのは、ほんの5日間だけ。
それはたしかに、すぐ終わってしまう。

だけど、もしも、あたしがその気になって、がんばって仕事してお金を貯めて、あの紙切れみたいな航空券を買って、この5日間をもう一度再現しようと思ったら?

そして5日間だけでなく、たとえば10日間、もしかして1カ月、って決めたら?

それは100%不可能――なことじゃない。

いっかい失ってしまった恋を、もういっかいやりなおすのだって、そりゃあ100%不可能なことじゃないかもしれない。
だけど98%くらいは不可能だと思う。 

あたしがこの街に戻ってこられる確率って、それにくらべたらずっと高いんじゃないのかな。

恋はどうにもなんないことのほうが多いけど、この街に帰ってこようと思ったら、それはあたし次第でどうにでもなるんじゃないのかな。

そんなふうに考えて、あたしは自然とスキップしてしまいそうになる。

ニューヨークに来て最初の日。あたしはただただ驚いて、どきどきして、きょろきょろしてた。どこへ行くにも、びくびく、おろおろ。かなり挙動不審なニホンジン観光客だった。

2日目、怜奈の案内で、とにかく歩いた。北から南へ、東から西へ。足がまんま棒になる。

3日目、怜奈に誘われるままに美術館巡り。夜はブロードウェイで「ライオン・キング」を観て大興奮。そのあと、「ブルーノート」でジャズに酔いしれる(っていうか時差ぼけのため爆睡)。

4日目、すっかり気持ちが大きくなって、ショッピングに繰り出す。とはいえ、「ティファニー」や「ケイト・スペード」で怜奈のお買い物を見てるだけ。あたしの戦利品は、「アバクロンビー&フィッチ」のTシャツ1枚のみ。

そして、今日。

怜奈が友達の結婚式で、ロングアイランドに出かける日。

朝から夜まで、たった一人で過ごす日が、とうとうやってきた。

|

« #5 マンハッタンのオキテ | トップページ | #7 NYディナーのしきたり? »

コメント

なんど読み返しても、ここは上手いですねえ。
それにごもっともな感じで、素敵です。
ニューヨーク行きたくなります。

投稿: ネコ | 2007年11月17日 (土) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #5 マンハッタンのオキテ | トップページ | #7 NYディナーのしきたり? »