« #47 旅立ち | トップページ | #49 会社訪問 »

#48 帰ってきた!

ニューヨーク行きフライトの最終案内が流れる。

とうとう、このときがきた。

あたしはみんなの顔をひとつひとつ眺めると、「じゃあ、いってくるね」と声をかけた。

みんな、すごくいい笑顔だ。
「いってらっしゃい」
「がんばれよ」
「元気でね」
「目指せ世界一!」
口々に叫んで、元気いっぱいに手を振ってくれている。

ありがとう、お父さんお母さん。
ありがとう、ややちゃん。
怜奈。

みんな笑顔で見送ってくれてるのに、あたしだけが、ちょっとだけ泣きそうだった。

「夏輝!」

ゲートに入っていこうとして、怜奈の声に呼び止められた。

「あたしもいつか、必ず行くから!ブライアント・パークに!」

怜奈が一歩踏み出して、そう言った。
涙声だった。

「だから待っててね、夏輝!」

あたしは大きくうなずいて見せた。

ヤバい。

ちょっとだけ、涙がこぼれてしまった。
それを見られたくなくて、あたしは走ってゲートに飛び込んでいった。

手荷物検査のカウンターに冷凍ボックスをのっけながら、涙が流れて仕方がなかった。

きっと会おうね、怜奈。ぜったいに。約束だよ。

いつか、ブライアント・パークで。

不思議な気がする。

生まれて初めての海外旅行で、生まれて初めてJFK国際空港に降り立ったのは、つい半年くらい前のことだ。

ふたたびJFKに到着して、入国審査の長い列に並びながら、色々なことを思い出した。

空港でうろたえ、飛行機のなかではそわそわして、空港からのバスで見上げた高層ビル群に、ひとりで歓声を上げてたっけ。

それから、怜奈に教えてもらったんだ。ニューヨークの歩き方を。
北がアップタウン、南がダウンタウン。番地の見つけ方、タクシーの乗り方。楽しかったなあ。

初めてひとりで歩いたマンハッタンの街角。あのとき、こみ上げてきた思い。

ああ、この街をいつか自然に歩けたら。
時間を気にせず、目的もなく、いつまでも歩いていけたら。
そんなふうに憧れて、胸を熱くした。

その場所へ、帰ってきたんだ。

ターンテーブルからスーツケースをよっこらしょ、と下ろして、ゴロゴロと引っぱって出口に向かう。
めちゃくちゃワクワクする。自然と笑みがこぼれる。
もう、夢じゃない。
これから、あたしのニューヨーク生活が始まるんだ。

到着のドアを出ると、出迎えのプレートを掲げた人々の顔がずらりと並んでいる。
あたしは松井の指示通り、とりあえずリムジンバスでセントラルステーション付近まで行くことになっていた。
そこで松井と落ち合うのだ。

なんだか、どきどきする。なんだこの胸の高鳴りは。
まるで遠距離のカレに会うみたいじゃないか。

いやいや、とあたしはあわてて自分に言い聞かせる。
NY効果だってば。大好きな街に帰ってきたからだってば。

ふと、居並ぶプレートのなかに、見覚えのある日本人の名前が見えた。
その前で、思わずあたしは立ち止まった。

「歓迎 森田夏輝 様」

ってそれあたしの名前じゃないか?!

|

« #47 旅立ち | トップページ | #49 会社訪問 »

コメント

偶然みつけたこのお話。楽しみに毎回読んでいます。
わたしにとっての『あの場所』が、あるはずなのに思い出せないでいます。
読んでると感じる懐かしいにおいをたよりに思い出したい…

投稿: ハニー | 2008年2月24日 (日) 17時08分

あたしも ドキドキワクワク (o´・∀・`o)ニコッ♪

投稿: こと。 | 2008年4月19日 (土) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #47 旅立ち | トップページ | #49 会社訪問 »