« #50 約束 | トップページ | #52 ごめん »

#51 いない?!

そうして、あたしは、とうとうやってきた。
ブライアント・パークに。

アンドリューの会社を抜け出して、表通りに走り出る。
春まだ浅い街角には、ときおり冷たい風が吹きぬける。

ちょうどランチタイムを迎えたストリートと、その向こうにあるブライアント・パークでは、人々が賑やかに行き交っている。
コートの襟を立てたビジネスマン。
マフラーをぐるぐる巻きにした学生。
ベビーカーを押すベビーシッター。
どこからともなく、焼きたてのベーグルのにおいがする。

ああ、帰ってきたんだ。
この場所に。

痛いくらいに胸を高鳴らせて、あたしはシグナルが変わるのを待つ。ニューヨーカーは、信号が赤でも車が来てなけりゃがんがん渡ってしまうんだけど、そこは日本人の性というか美徳で、ぐっと待つ。
青になるまで。5、4、3、2、1。

若々しい芽吹きの木々に向かって、一目散に走っていく。
あの楡の木の下に、ベーグル・サムがいるんだ。

まるで大好きな恋人に会いに行くみたいに、息を切らせてあたしは走った。

サムに最初にあったら、なんて言おう。
元気ですか? またお会いできてうれしいです。私の名前はナツキです・・・・・・
ってそれじゃまるで中学生英語だな。
サム。あなたと初めて会ったときから、あなたが私の目標になりました。
あなたの作るベーグルが、私の世界を変えてしまった。
少しでも、あなたに追いつきたい。あなたのような、ベーグル職人になりたい。
そう願って、私、ここまで来ました。

日本から、アメリカまで。
東京から、ニューヨークまで。
代官山から、ブライアントパークまで。

だから・・・・・・

あたしは足を止めた。

このまえここに来たとき、確かにサムが立っていた楡の木の下。
そこに、サムはいなかった。

壊れそうにはかない早春の陽だまりと、ときおり頬を撫でる冷たい風。
ベーグル、ベーグル! 世界一のベーグルだよ!
陽気な声を張り上げて、サムがいるはずだった場所には、学生らしきメガネの女の子が緑のウッドチェアに座っていた。膝の上に分厚い本を広げて、ハンバーガーをかじっている。

あたしは思わず彼女のところへ駆け寄った。
じっと見下ろすあたしの視線に気づいて、女の子がそばかすだらけの顔を上げた。
あたしと目が合うと、「ハーイ」と笑いかけてくる。

「あの、すみません。サムは、・・・・・・ベーグル・サムは、どこにいるんですか?」

あたしは、しどろもどろながら、なんとか英語で話しかけた。彼女は首をかしげると、
「ベーグル・サム? 誰? 知らないわ」
そう答えた。

え・・・・・・・・・・・・

あたしは一瞬、頭の中が真っ白になった。

「う、嘘でしょ。あんな超有名人を知らないなんて・・・・・・あなた、ニューヨーカーじゃないよね?! カントリーガールだよね??!!」
あたしは赤の他人の彼女に、日本人の美徳完全無視でいきなり詰め寄ってしまった。
あたしにとってベーグル・サムはマイケル・ジャクソンと同等かそれ以上に有名人なのにっ。
もちろん、彼女はドン引きだった。「知らないわよ。変な子!」とひと言残して、足早にその場を去ってしまった。

ニューヨークに着いていきなりアメリカ人をドン引きさせてしまった。

が、いまはそれどころじゃない。あたしは焦った。

どこ行っちゃったの、サム??!!

|

« #50 約束 | トップページ | #52 ごめん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #50 約束 | トップページ | #52 ごめん »