« #62 伝えたい! | トップページ | #64 朝の地下鉄 »

#63 始まり

あたしはサムの返事を待って、ドアの前に突っ立っていた。

返事を聞くまでは、ここから一歩も動かない。
“YES”という返事以外は、聞きたくない。

そういうオーラが、そのとき、あたしから出ていたはずだ。

サムはあたしの顔を一点にみつめていたが、やがて、ははっと笑い声をたてた。
「なんてこった、ハニー。本気なのか?」

「ええ、もちろん」
間髪いれずに、あたしは答えた。

「自信が、あるの。あなたがいままで作ってきたベーグル。その味を忠実に再現できるのは、世界中であたししかいない」

ほんとうに、そう思っていた。

サムのベーグルのファンは、きっとたくさんいただろう。
でも、隅々まで特徴を覚えていて、パンを作る技術を持っていて、しかも再現したい、と強く思っているのは、きっとあたし以外にはいない。
しかも、そのためだけに、あたしはニューヨークまでやってきた。

自分自身の情熱を信じよう。
あたしの思いのぜんぶを、すなおにぶつけてみよう。
そう思いながら、サムに向かい合っていた。

きのう一晩、松井と話したことも、あたしの背中を押してくれていた。

なんのためにここまできたのか。それをもう一度、よく思い出して、サムにぶつけてみろよ。

松井は、そうアドバイスしてくれた。
希望と挫折の両方を味わっている松井の言葉は、けっこうしみた。

そしてきっとサムだって、いま、あたし以上に大きな挫折の中にあるんだ。
あたしは、少しでもサムの力になりたかった。

「あたしは、サムと一緒にベーグルが作りたい。それだけです」

サムはおだやかな笑みを浮かべたまま、じっとあたしをみつめていた。と、大きなまるっこい目が、くるんと動いた。

「さて、どうしようかな。私はこう見えても、かなり厳しいんだよ? ベーグルを作るのに、妥協は1インチだって許さない・・・・・・」

あたしはこくん、とうなずく。
「わかってます」

「朝は早いし、けっこう力仕事だし」

こくん、ともう一度、うなずく。

「露骨に営業妨害するような、心無い人がいるのも事実だ。営業を再開したって、売れる保証はどこにもない」

今度は、あたしはうなずかなかった。

サムはもう一度あたしを見すえて、聞いた。

「それでも、君の決意は変わらない、と約束してくれるかい?」

あたしは、大きくひとつ、うなずいた。

サムもうなずくと、すっと右手を差し出した。

大きな分厚い手。
この手で、もう何十年も、サムはあのベーグルを作り続けてきたんだ。

「よろしく、ナツキ。今日から君は、私のパートナーだ」

そう言われて、あたしは、そっとサムの手を握った。
ぎゅっと握り返してくる、あたたかで力強い手。

あたしは何か言おうとして、言葉が引っかかってしまった。
視界がじわっとにじむ。
次の瞬間、あたしはサムに抱きついていた。

「サム! ありがとう・・・・・・ありがとう」

「おっと、こりゃすごい歓迎だな」
楽しそうにサムが言う。そして、ぎゅっとあたしの背中を抱きしめて、心のこもった声で言った。

「こちらこそありがとう、ナツキ」

ああ、ついに。
ついに、サムとあたしの「ベーグルプロジェクト」が始まることになったんだ。

その一部始終を、ひと言も発することなく、松井は静かに見守ってくれていた。

|

« #62 伝えたい! | トップページ | #64 朝の地下鉄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #62 伝えたい! | トップページ | #64 朝の地下鉄 »