« #66 メール | トップページ | #68 涙の理由 »

#67 試作品

翌日。

あたしはサムに早退のお願いをして、午前中の仕込みをしただけでサムのアパートを出た。

地下鉄に乗って、タイムズスクエアを横切って、一直線にブライアント・パークまで走っていった。

ランチタイムのパークは、いつものようにビジネスマンやら学生やらでにぎわっている。五月の明るい陽だまりの中、思い思いにランチを広げている。

「怜奈っ!」

アイスクリームショップの前に、怜奈がたたずんでいる。あたしをみつけると、たちまち笑顔がこぼれた。

「夏輝! うわーっ、ほんとに元気そう!」

あたしが駆け寄って飛びつくのを受け止めて、怜奈も嬉しそうに声を上げた。

「びっくりしたよ。『明日そっちに行く』とかじゃなくて『いまこっちに来てる』なんて言うんだもん。まったく、どういうこと?」
「ごめんごめん。びっくりさせようと思って」

怜奈はちょっとだけ決まり悪そうな笑顔になった。
その瞬間、あたしは直感した。

怜奈。何か、あったんだな。
結婚、のことかな・・・・・・

あたしたちは、エンパイアステートビルが眺められる芝生の真ん中に並んで座った。

「それで、どう? 修行の成果は」
怜奈に言われて、あたしはにこっと笑い返した。そして、トートバッグの中から茶色い紙袋を取り出した。

「はい。これ、食べてみて」

怜奈の両手に、ぽん、と紙袋を乗せた。
「あったかい・・・・・・」
怜奈はつぶやいて、袋を開けた。がさがさと、手を差し入れる、

「わあ」

ほかほかの、プレーンベーグル。

「これ、夏輝が?」
あたしは、こくん、とうなずいた。
怜奈は手にとって、まるで骨董品でも検分するみたいに、いろんな角度からそれを眺めた。あんまりていねいに鑑賞するもんだから、あたしはなんだか照れくさくなってしまった。

「やだなあ。そんなたいしたもんじゃないよ」
「だって、夏輝の作った夢のベーグルでしょ?すみずみまで、よく見たくて」

思う存分眺めたあと、「いただきます」と両手を合わせて、ぺこんと頭を下げた。それから、ぱくん、と勢いよくかじりつく。

あたしは内心、どきどきだった。

実は、まだ松井にもアンドリューにも試作品を食べてもらっていない。唯一、サムだけが食べていた。
「なかなかいいね」と言ってくれていたが、まだまだなんだ、とわかった。
「サイコーだよ」の一言が出るまで、完成じゃないんだ。

サムの満点が出るまでは、松井たちに食べてもらうわけにはいかない。とはいえ、サム以外の誰かの意見も欲しかった。できれば、いちばん食べてもらいたい人に。

怜奈はずっと無言でベーグルを食べ続けた。最初はいつもの怜奈らしく、小さな口を一生懸命動かして、もぐもぐもぐもぐ。でも、一個目を食べて、すぐ二個目に移ると、ぱくぱくぱくぱく、と軽快に。最後のひとかけらを、ごくん、と飲み込むと、

「ああーっ、うまっ!!! サイッコーッ!!!!」

と、両手を空に突き上げて大声を出した。

あたしはまじでひっくり返りそうになってしまった。だって、お嬢さま然としたいつもの怜奈じゃないんだもん。

「夏輝、やったね! 最高傑作だよ! あたしの人生で、最高のベーグルだった!」

そう言うと、怜奈はあたしにぎゅっと抱きついた。
期待以上のリアクションに目を白黒させつつも、怜奈が本当に感動しているのを感じて、あたしは嬉しくなった。

「ありがと、怜奈。実は、サム以外にあたしのベーグル食べてもらうのは、怜奈が初めてなんだ。だから・・・・・・」

怜奈はあたしにじっと抱きついたまま、動かない。

「怜奈・・・・・・?」

友は、静かに涙を流していた。

|

« #66 メール | トップページ | #68 涙の理由 »

コメント

セントラルパークを駆け抜けて ブライアントパークの芝生の真ん中。。。光景が目に浮かびますhappy01

怜奈は やっぱり何かあったに違いない。
真っ先に夏輝に会いたかったのねweep

夏樹が自分の夢に向かってイキイキしてるのが すごく 羨ましく見えてるのかもshine

投稿: こと。 | 2008年4月28日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #66 メール | トップページ | #68 涙の理由 »