« #69 好きだった、よね? | トップページ | #71 ワルいやつ »

#70 密談

「うわっ! な、なんで?」

あたしはとんでもなくうわずった声を出してしまった。
だって、なんだかゼツミョーなタイミングじゃないか?!

「なんでって・・・・・・そりゃこっちのセリフだろ。なんであんたがここにいんの?」
「そ、それは・・・・・・」

何人かの人が乗り込んできた。松井はあたしの腕を引っぱって、エレベーターの外へ連れ出した。

あたしは頭の中が真っ白になるくらい、急にドギマギしてしまった。

毎日見ている顔なのに、毎朝送ってもらっているくせに、こういう想定外のシチュエーションでばったり会うと、ドギマギしてしまうのは何故なんだろう。

「あ。さては、サムの修行をサボって、アンドリューと密談か?」
あたしは自分でもおもしろいくらいあわてて打ち消した。
「ちちちっ、ちがうっ! んなわきゃないでしょっ! こんなでっかい会社の副社長様と密談できるほど、あたし大物じゃないし!」
松井は、あはは、と心底おもしろそうに笑った。
「そりゃそうだ。でも、なんで? ここにいるってことは、アンドリューに会いにいったってことだろ?」
そう言われて、あたしは返答に詰まった。

怜奈が急にこっちへ来ていること、もうすぐ結婚すること、でもアンドリューを思い切れずに悩んでいることを、松井に聞いてもらいたい気がした。そして、できることなら、松井にもふたりの仲を後押ししてもらいたいような。

でも、怜奈に断りもなしに、松井に話してしまってもいいもんだろうか。

「やっぱり。密談だな」
もう一度言われて、あたしの胸はちくんと痛んだ。

松井に隠れてアンドリューと何かこそこそやっている。松井にそう思われるのが、たまらなく悲しかった。

違う、ともう一回打ち消そうとした瞬間、
「秘密のおしゃべりか。アンドリューと、怜奈ちゃんの」
松井が言った。

あたしは驚いて松井を見た。
「なんで知ってるの?」
にっと笑って、松井が返す。
「三分前に、電話があった。おれ、これからあいつとミーティングの予定だったからここに来たんだけどさ。『レナが来てるから、キャンセルにしてくれないか』ってね。そこにエレベーターが到着して、あんたが出てきた」

あたしは言葉に窮して、松井をみつめた。
なんて言ったらいいか、わからなかった。
あっちも、こっちをみつめている。

たぶん、ほんの数秒のことだったと思う。でも、あたしはずいぶん長いこと、この瞳、ちょっと涼しげで、わりとやさしくて、けっこう澄んだ瞳をみつめ続けているような気持ちになった。

口もとにふっと笑みを浮かべて、松井が言った。

「なんかでいっぱい、って顔してる。このさい、全部出しちゃえば?」


あたしたちは、午後の光があふれるブライアント・パークの芝生の上に、並んで座った。

初めて会ったときのように、松井がコーヒーを買ってきた。
のどかな春の空気の中で、あたしは怜奈の一件を松井に話した。
松井はずっと黙って聞いていたが、あたしの話が全部終わると、「そうか」と、ため息をついた。

「そうとう思い詰めてるよな」
あたしはひとつ、うなずいた。

「ほんとに好きなんだなあ、怜奈ちゃん。あいつのこと。あーあ、残念。おれじゃないのかあ」

そう言って、笑っている。あたしは、どきっとしてしまった。

もちろん、いつもの松井ジョークだろうけど。軽いノリで言ってるんだろうけど。
今日のあたしは、なぜだか、松井の言葉のひとつひとつにずきんずきんとしてしまう。

「・・・・・・あきらめたほうがいいな」

誰に言っているともわからない口調で、松井がつぶやいた。

|

« #69 好きだった、よね? | トップページ | #71 ワルいやつ »

コメント

最後の「あきらめたほうがいいな」のセリフが ひっかかります。
レナに対する言葉なのか 松井が自分自身に言い聞かせてる言葉なのか どっちかドキドキ…sweat02

ついでに私も松井の言葉にドキドキします。
結果 夏希と松井が ひっついてほしいから

投稿: ふわ | 2008年5月10日 (土) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« #69 好きだった、よね? | トップページ | #71 ワルいやつ »