ココログ小説

目次

「いつかブライアント・パークで」

この世界に、あの場所がある。

どんなに遠く離れていても、なかなか行くことができなくても、あの場所があるから、いつか行こうと決めてるから、今日もがんばろう、って思う。

そういう場所って、誰にもあるんじゃないだろうか。

たとえばそれは、ふるさとの町だったり。
あるいは、大好きな人が住むまちかどだったり。

#1 いつか、あの場所に
#2 初心者な成田
#3 かなり上、わりと下
#4 誘われちゃったけど?!
#5 マンハッタンのオキテ
#6 夢みたいに恋みたいに
#7 NYディナーのしきたり?
#8 NYデリ・デビュー!
#9 ベーグル、じゃない?
#10 運命の場所
#11 世界一のベーグル?
#12 55 MATSUI
#13 何者?
#14 YES-I-DO!
#15 オイスター・バーで
#16 だいっきらいNY!
#17 出会ってしまった・・・
#18 Nice to meet you.
#19 ふたつの場所
#20 ハニー、ハニー、ハニー
#21 あそこじゃない、ここ
#22 公園の恋バナ
#23 信じられない!
#24 来る、来ない?
#25 MATSUIふたたび!
#26 再会
#27 知ってたの?!
#28 ふたりの関係
#29 ふたりの秘密
#30 ひだまり
#31 勝負?!
#32 甘メンズ
#33 デザートビジネス
#34 作品?
#35 ハートなスイーツ
#36 今度こそ、会おう
#37 気が、あります。
#38 企て
#39 ビッグ・ニュース
#40 プロポーズ?
#41 帰省
#42 告白
#43 長いメール
#44 電話
#45 サイコー!
#46 戦略結婚
#47 旅立ち
#48 帰ってきた!
#49 会社訪問
#50 約束
#51 いない?!
#52 ごめん
#53 決意
#54 再会
#55 そうだったんだ・・・・・・
#56 松井のアパート
#57 カルメンのこと
#58 ふたりの出会い
#59 攻防戦
#60 魅惑のパン
#61 水戸一、買った
#62 伝えたい!
#63 始まり
#64 朝の地下鉄
#65 サムのベーグル
#66 メール
#67 試作品
#68 涙の理由
#69 好きだった、よね?
#70 密談
#71 ワルいやつ
#72 泣いた。
#73 完成!
#74 デビュー
#75 二重マル
#76 この気持ち
#77 トウキョウ
#78 かっこよかった!
#79 東京で?
#80 拍手
#81 きっと、いつか

ココログ小説, ココログ小説 | | コメント (14)

目次

「いつかブライアント・パークで」

この世界に、あの場所がある。

どんなに遠く離れていても、なかなか行くことができなくても、あの場所があるから、いつか行こうと決めてるから、今日もがんばろう、って思う。

そういう場所って、誰にもあるんじゃないだろうか。

たとえばそれは、ふるさとの町だったり。
あるいは、大好きな人が住むまちかどだったり。

#1 いつか、あの場所に
#2 初心者な成田
#3 かなり上、わりと下
#4 誘われちゃったけど?!
#5 マンハッタンのオキテ
#6 夢みたいに恋みたいに
#7 NYディナーのしきたり?
#8 NYデリ・デビュー!
#9 ベーグル、じゃない?
#10 運命の場所
#11 世界一のベーグル?
#12 55 MATSUI
#13 何者?
#14 YES-I-DO!
#15 オイスター・バーで
#16 だいっきらいNY!
#17 出会ってしまった・・・
#18 Nice to meet you.
#19 ふたつの場所
#20 ハニー、ハニー、ハニー
#21 あそこじゃない、ここ
#22 公園の恋バナ
#23 信じられない!
#24 来る、来ない?
#25 MATSUIふたたび!
#26 再会
#27 知ってたの?!
#28 ふたりの関係
#29 ふたりの秘密
#30 ひだまり
#31 勝負?!
#32 甘メンズ
#33 デザートビジネス
#34 作品?
#35 ハートなスイーツ
#36 今度こそ、会おう
#37 気が、あります。
#38 企て
#39 ビッグ・ニュース
#40 プロポーズ?
#41 帰省
#42 告白
#43 長いメール
#44 電話
#45 サイコー!
#46 戦略結婚
#47 旅立ち
#48 帰ってきた!
#49 会社訪問
#50 約束
#51 いない?!
#52 ごめん
#53 決意
#54 再会
#55 そうだったんだ・・・・・・
#56 松井のアパート
#57 カルメンのこと
#58 ふたりの出会い
#59 攻防戦
#60 魅惑のパン
#61 水戸一、買った
#62 伝えたい!
#63 始まり
#64 朝の地下鉄
#65 サムのベーグル
#66 メール
#67 試作品
#68 涙の理由
#69 好きだった、よね?
#70 密談
#71 ワルいやつ
#72 泣いた。
#73 完成!
#74 デビュー
#75 二重マル
#76 この気持ち
#77 トウキョウ
#78 かっこよかった!
#79 東京で?
#80 拍手
#81 きっと、いつか

ココログ小説, ココログ小説 | | コメント (14)

#81 きっと、いつか

黒くて異様に長いストレッチ・リムジンが、JFK国際空港に到着した。

「いやあ、こんなセレブな車、生まれて初めて乗ったけど、なかなかいいもんだなあ。気分はマイケル・ジャクソンだ」

上機嫌でサムが車から出てくる。もちろん、あたしだって生まれて初めてだ。さしずめ気分はパリス・ヒルトンってとこかな。

「『凱旋』して帰ってきたときは、ご希望とあればもっとすごいクルマを手配するよ」

サムに続いて出てきたアンドリューが、楽しそうに言う。まったく、馬車でも用意しかねないなこの人は・・・・・・

「私もこっちの仕事が片付いたら、日本へすぐ飛ぶから。あ、レナからもメールが来てたな。君たちの迎えの車、成田に着けとくって・・・・・・日本での会議のアレンジメントも全部彼女がやってくれて、助かるよ」
アンドリューは、やっぱり新しい冒険でも始まるみたいな口調で、わくわくと言った。

そうなのだ。日本で、怜奈があたしたちを待っている。
あたしたちの新しいプロジェクトを支えるべく。

アンドリューの会社は、今年初めに怜奈のお父さんの会社を破格の好条件で買収し、去年買収したF社と合併させた。
それによって、新しいスーパーの形態―飲食テナントが充実した新型スーパーマーケット―を実現させようとしていた。
その新会社に、なんと怜奈がプロジェクトリーダーとして採用されたのだ。もちろん、アンドリューの采配で。
そしてなんとなんと、私の父までが、引き抜かれたのだった。ベーカリー部門商品開発マネージャーとして。

さすが王子。その後光は関係者の子々孫々(ってか親だけど)まで及ぶという・・・・・・

サムとあたしは・・・・・・というと、特にその新会社と何かをする、ってわけじゃない。

もちろん、アンドリューは「資金の協力をする」「東京に店舗を出す場所を確保する」などなど、色々に言ってくれた。
だけど、あたしとサムは、「じゃあ、いずれ将来的に」と約束をして、まずは自分たちで始めてみることにした。

そう―あたしたちの「◎」が、東京でどのくらい通用するのか、まずは自分たちで試してみたいのだ。

ブライアント・パークでの売り上げ貯金で、あたしたちは小さなワゴン車を買って、そこにオーブンを備え付けて、移動式ショップを始めてみることにした。
車や場所のリサーチは、すでに怜奈とややちゃんが開始してくれている(ややちゃんは、デイリー・ベーグルを辞めてそっち手伝うから!と言ってくれている)。
そして、まずは代官山の西郷山公園の横あたりから、始めてみたいと思っている。

あたしたちの、新しい挑戦。

ニューヨークと、ここで出会ったたくさんの人たちとしばらく別れるのは、とても寂しい。
でも、きっとまた帰ってくる。そのときは、アンドリューが言う通り「凱旋」だ。

出発ロビーで、あたしはきょろきょろ頭を巡らせた。そして、人混みの中、必死に目を泳がせた。

あたしが探していたのは、背番号55。

来てくれないの?
松井秀喜。

きのう、ブライアント・パークで別れ際に「今夜は徹夜で仕事になるかも」と言っていた。あたしは最後に、いっぱいいっぱい、話がしたかった。
そしてもしも、一瞬でも勇気が湧いたなら、その瞬間を逃さず、告げよう、と心に決めていた。

好き、とひと言。

一晩中、どきどきして待った。けれど、何時になっても、朝になっても、結局松井は帰ってこなかった。

あたしは、ちょっとだけ神様を恨んだ。
こんなにまじにどきどきして待ってたのに。ひどいよ神様、って。
でも、すぐに思い返した。

いや、違う。これは、また帰ってこい、っていう神様のはからいなんだ。
もう一度、この懐かしい街に帰ってこれたら。
それが、そのときなんだ。

「あれ。あそこにいるの、ヒデキじゃない?」

レベッカが、人混みの向こうを指差した。あたしは夢から覚めたみたいに、レベッカのブロンズのネイルが指す先を見た。

いた。あいつだ。

松井がベーグルスタンドに立って、ベーグルをかじっている。あたしたちをみつけて、軽く手を挙げて合図している。
サムとアンドリューは、一緒に笑い出した。

「ったく。この期に及んでベーグル食べてるのか、お前は」

アンドリューがさもおかしそうに言う。

松井は食べかけのシナモンベーグルを一気食いして、「これ、なかなかうまいぞ」と言った。

いつも通りだ。まったく、いつも通りの松井。
ひょうひょうとして、ちょっととぼけて、楽しげな、背番号55。

「来て、くれたんだ・・・・・・」
あたしはようやく、そう言った。
嬉しかった。涙が出るほど。

松井はあたしをじっと見ていたが、茶色い紙袋をあたしに向かって、ほら、と差し出した。

「飛行機の中で食えよ」

あたしは黙って、紙袋を受け取った。
ほんのりと、あったかい。あたしはそれを、胸にぎゅっと抱いた。

「ありがとう」

そうつぶやくのが、せいいっぱいだった。

松井は、ふっと笑顔になった。
口もとに、パンくずがついている。あたしは、ぷっと噴き出した。

「なんだよ。人の顔みて何笑ってんだよ」

なぜだかあたしは、笑いが止まらなくなった。笑いすぎて、泣き出しそうだった。

ほんと、キマんないやつ。
最後まで、デリカシーのないやつ。
どこまでも、あったかくて、大きいやつ。

やっぱり、あたしは、この人が・・・・・・

・・・・・・・大好きだ。世界で、いちばん。

もうどれくらい、飛んだだろうか。

照明を消したキャビン、あたしの隣で、サムはすやすやと眠っている。大きな体を狭いシートに突っ込むようにして、だけど不思議なくらい平穏な寝顔で。

初めてニューヨークへ行ったときのことを、あたしはふいに思い出す。
確かあのとき、あたしはすっかり興奮して、ちっとも眠れなかったんだ。

そうして着いたニューヨークで、あたしはブライアント・パークにたどりついた。
そして、出会ったんだ。
サムに、アンドリューに・・・・・・松井に。

こっそり、茶色の紙袋を取り出す。がさごそ、開けてみる。
プレーンベーグルが、ひとつ、入っていた。取り出してみる。

半分にスライスされたベーグル。真ん中に、紙ナプキンが挟まっている。

あれ・・・・・・?

ナプキンには「◎」が印刷されている。その横に、走り書きがある。

ちゃんと帰ってこい
ブライアント・パークに、
じゃなくて

おれのところに。


ほんのり、バターの香りがあたしを包む。
こぼれそうになった涙を、あたしはあわてて飲み込んだ。

東京に着いたら、すぐに電話をしよう。

あのね松井。言いそびれたひと言が、あるんだ。

だからそれを告げるために、あたし帰るから。
そのひと言を、あなたにきっと告げるから。

それが、そんなに遠くない未来でありますように。

きっと、いつか・・・・・・ブライアント・パークで。


◎END◎

| | コメント (19)

#80 拍手

春がきた。

冷たく凍えるマンハッタンの寒風を耐え抜いたブライアント・パークの木々が、いっせいに芽吹く。
ニューヨークのおしゃれな女の子たちが、いっせいにコートを脱ぎ捨ててさっそうと歩く。
公園の陽だまりで、学生たちが本を広げる。
春がきた!と街中が、声に出して喜んでいるような、春のいちばん初めの日。

「サムとナツキのベーグル 本日よりしばらく休業」

そう書いたバナーをディスプレイボックスに下げて、サムとあたしは、いつもどおりブライアント・パークの片隅に立った。

あたしたちの前に、ものすごい行列ができている。
列は42丁目のストリートから1ブロック先まで続いている。レベッカがカウンターで数えて、開店直前に知らせに来てくれた。

その数、500人。

あたしとサムは顔を見合わせて笑った。ぴったり、500個の「トウキョウ」を作って持ってきてあった。

「来てくださって、ありがとうございます」

あたしは、朝5時から並んで待っていた、という、一番乗りの学生の男の子に「トウキョウ」を手渡して、ぺこりと頭を下げた。彼もぺこりと頭を下げて、「アリガト、トウキョウ」と日本語で返してくれた。

「これで終わりじゃないのよね?」
何番目かに「トウキョウ」を手渡した女の人が、名残惜しそうに尋ねた。サムがにっこり笑って答える。
「まさか。ちょっとのあいだ、臨時休業ですよ。そう遠くないうちに、必ず再開します」
「きっとよ」と、彼女が念を押す。

「戻ってきてくれよ。おれたち、待ってるから」
その後ろに並んでいた何人かが、口々にそう言った。
サムとあたしは、大きくうなずいた。

あたしたちはひとりひとりに「トウキョウ」を渡して、「Thank you 」「アリガトウ」とお礼を言った。

あたしは、もう、胸がとてつもなくいっぱいになった。

あたしの、新しい旅立ち。

あたしは、明日、日本に帰るのだ。
そう、ひとりじゃなく―サムと一緒に。

きっかけは、サムのつぶやきだった。

「ナツキ。私の夢を、聞いてくれるかい?」

冬の初めのある日、ブライアント・パークからの帰り道、サムは突然、あたしに打ち明けた。
なんと、日本に行きたい、と。

私の両親に会いたい。日本のパンの作り方を教わりたい。
そしてできることなら、「トウキョウ」を東京で売ってみたい。
それがいまの自分の夢だ、とサムは話してくれた。

あたしは当然、困惑した。
だって、あたしのお父さんがサムにパン作りを教えるなんて、なんだかとんでもないじゃないか。それに、日本の公園ではベーグルなんか売れないだろうし・・・・・・

「わかってるさ。けど、いまは夢でも、いつかきっとかなえたいんだよ」

サムの目はきらきらと輝いて、未来を信じてやまない少年そのものだった。
その目をみつけたとき、あたしのなかで、ことん、と何かが動いた。

おんなじだ。あたしと、おんなじ。

いつかニューヨークで、ブライアント・パークで・・・・・・って憧れてた、あの頃のあたしと。

誰がなんて言ったって、絶対に実現する! って、あたしはがむしゃらに飛んできてしまったんだ、ここまで―サムのところまで。

いま、あたしの目標だった人が、あの頃のあたしとおんなじまなざしで、日本を目指している。

サムの思い。それは、きっと・・・・・・

あたしの思いでもあるんだ。

あたしは、松井とアンドリューに相談した。
ふたりは黙って聞いていたが、あたしが一通り話し終わると、ふたりで顔を見合わせて微笑んだ。
「待ってました!」と、すぐに松井が言った。
「ようやく、キター!って感じ?」と、アンドリューも言った。
実は、ふたりとも、「サムとナツキのベーグル」は、日本に「里帰り」するべきだ、と最初から考えていたと言う。

アンドリューは「グローバルな展開の最初の一歩は東京だと思っていた」し、松井は「水戸一がなけりゃ始まらなかったわけだからな、『トウキョウ』も、あんたも」なんて言う。

そして、口を揃えて宣言した。

「なるべく早く、実現しよう。おれたちの夢」

あたしはあっけにとられてしまった。

いつのまにか、「サムの夢」じゃなくて、「おれたちの夢」にすり替わっている。

そして、まるで新しい冒険が始まるみたいに、ふたりとも、わくわくしている。

あたしはすっかりあきれてしまった。
そして、とても嬉しく、頼もしく思ってしまった。

「トウキョウ」の里帰り。

それは、あたしたち全員の、新しい目標になった。

最後のひとりに、最後の「トウキョウ」をひとつ、渡し終わったとき。

パチパチパチ、と拍手が起こった。
あたしは顔を上げて、回りを見回した。

公園にいた人たちが、あたしたちを囲んで、あたたかく手を鳴らしてくれていた。
ビジネスマン、清掃のおじさん、ベビーシッター、学生たち、そして―

いつのまにか、アンドリューがいた。レベッカと一緒に、笑顔で拍手してくれている。

その隣に、松井も立っている。すごくいい笑顔で、やっぱりあたたかく、拍手してくれている

あたしは・・・・・・あたしは、涙がいっぱいにこみ上げた。
今回ばかりは、がまんできなかった。ぽろぽろと涙がこぼれて、あたしは思わず両手で顔をおおってしまった。

ありがとう、サム。あたしの師匠。
ありがとう、アンドリュー。あたしの友だち。

ありがとう、松井。
あたしの・・・・・・大好きな、ひと。

ありがとう、ほんとに、ありがとう。
あたしのニューヨーク。

| | コメント (3)

#79 東京で?

それからの数ヶ月。

ゆっくりと、着実に、あたしたちの世界最小のベーグルショップ「サムとナツキのベーグル」は、ブライアント・パークに、そしてニューヨーカーたちの間に浸透していった。

それは、とてもすてきな広がり方だった。
最初のうちはアンドリューが「CNNにCMを打つ」とか、「Goo●leに協力してもらって全米のブロガーを買収する」とか、冗談とも本気ともつかないことを言って騒いでいた。
でも、そんなやり方は、あたしたちらしくない。

ほんとうに「おいしい」と感じ入ってくれた人が、またもう一度、買いにきてくれるのがいい。
心から「好きだ」と思ってくれた人が、それを誰かに伝えてくれればいい。
そんなふうに、この街に暮らす人の印象に優しく残って、心にそっととどまるのがいい。

そんなふうに、広がってくれれば。

「そんな悠長なこと言ってたら、世界に広がっていかないだろ」
と、アンドリューは、国取り合戦の気分が抜けきれないようだ。

王子の心配をよそに、あたしたちのベーグルの噂は、どんどんマンハッタンに広がっていった。

「驚いた。今朝、私が出勤するときに、もうベーグル待ちの行列ができてたわよ」
レベッカが電話で報告してくる。
オーブンにどんどんベーグルを滑り込ませながら、サムとあたしは思わず手と手をぱちん、と合わせる。

「さあどんどん焼くぞ。今日は『トウキョウ』100個に挑戦だ!」
「了解です師匠!」

あたしはその夏、本気で日焼けした。正確には、オーブン焼けと公園焼けの混合焼けで、真っ黒になってしまった。
日焼け止めなんか、汗ですぐ落ちる。おしゃれなんか、当然してられない。結構、女子としては代官山時代以上になさけない。

こんなあたしは、いったい、松井の目にはどんなふうに映っているんだろう。

松井とあたしの関係は、ベーグルショップをオープンしてからも、何一つ変わらない。

あいかわらず、朝6時起きであたしに付き添って、ブロンクスのサムのアパートまで通っている。

地下鉄のシートに腰掛けて、「ニューヨークタイムズ」で大リーグ情報を読んで、勝った負けたと騒いでいる。

あたしの作った「トウキョウ」を、毎朝いちばんに、二個予約する。ジーンズのポケットから、皺くちゃの5ドル札を出して、あたしに渡す。
「いいよいいよ」
と言って、受け取らないものなら、まじに怒り出す。
「そういうのは、だめだ。これはこれ、それはそれ」
そんなふうに言って、あたしの手にお札を握らせる。
おかげで毎朝、ほんの一瞬触れ合う手と手に、あたしはどぎまぎするはめになる。

こんな感じが、いいな。

あいつと、あたし。
ドラマチックな進展がなくたって、「好きだ」って抱きしめられなくたって。

こんなふうに、ちょっとだけ気持ちのいい距離感があって。
言葉にはできなくても、心だけ寄り添わせる。
そんなのが、いい。

だけど、もしも。

松井に好きな女の子ができたら、あたしはそれをすんなり受け止められるかな。

それはちょっと・・・・・・いや、かなり・・・・・・ううん、ぜったい、いやだッ!!

ブライアント・パークの木々が黄金色に輝き始める季節。
あたしたちのベーグルショップは、マンハッタンの人たちにあたたかく受け入れられ、定着した。

常連さんも増えた。
同僚の分まで買出しにくるビジネスマン、新しいベーグルのアイデアあれこれ持ちかけるマーサ・スチュアートみたいな主婦、毎週カントリーソングを近くで奏でる学生。
そして、けっこう増えた「トウキョウマニア」な人たち。

「ヤキソバベーグルがすっごい好評なんだ。東京で売り出しても、いけるかも」

週に一回、父に電話をするとき、あたしはいつも「トウキョウ」の話を持ち出した。

「ニューヨークで売ってる『トウキョウ』ねえ。おもしろいもんだな」

父は楽しそうに応える。製パン工場での仕事にも慣れて、それなりに充実して働いているみたいだ。

「お父さんの工場でも、作ってみたら?」
そう持ちかけると、
「いや、おれは商品開発に口を出せる立場じゃないし。それに、そんなにヒットしてるんなら、いつかこっちに持って帰れよ。お前自身で」
そんなふうに言う。

東京で、トウキョウかあ。

あたしはなんだか、夢みてる気分になる。

いつか、ブライアント・パークで、世界一のベーグルを売る。
そう思い続けて、サムの努力と仲間の協力もあって、とうとう実現した。

いつか、東京で、自分が作ったベーグルを売る日がくるのかな。

そんなふうに思って、ちょっと愉快になった。

それが現実になるなんて、そんなにたやすく想像はしなかったんだけど。

| | コメント (1)

#78 かっこよかった!

衛生局?

あたしはサムを見た。
サムはこわばった笑顔を作って、「ええ、私がサム・ジョーンズですが」と、緊張気味に答えた。

「ここでの飲食物の販売には許可がいる。確か、君は以前、不衛生なものを売って消費者が被害を受けたと報告を受けているが?」

「それは・・・・・・」と、サムは言いよどんだ。

「許可証はこの通りです」

松井がサムのバッグから書類を取り出して、いきなり男の前に突き出した。

「営業も今日から開始すると届け、認可を得ています。それから、さっきあなたが言った『不衛生なものを売って消費者が被害を受けた』という話。なんの根拠もない。取り消してください」

男たちは鋭い目で松井をにらんだ。
「君は、誰だね? 共同経営者か?」

「パートナーです」

松井ははっきり言って、あたしの肩をぐいっと抱き寄せた。
思わず、どきっとする。

「サムも、彼女も、おれの大切なパートナーです。何か言いたいことがあるならば、連帯責任者であるおれに言ってください」

うわ・・・・・・ちょ、ちょっと待って。

な、なんか松井ものすごく、かっこよくないか?!

「それを言うなら、私もパートナーです」

きらりん☆と目を光らせて、アンドリューがずいっと前に出てきた。

ってさっき「いまから会議だから、じゃあね~」って帰ったはずなのに、まだいたの?!

「あなたがたは誰の差し金で来たんですか?ニューヨーク市衛生局長のエド・ホックマン? 保険局長のリー・ジョンソン? それとも市長のマイケル・ブルームバーグかな? 先週食事したとき、そんなこと言ってなかったけどなあマイケル・・・・・・」

男ふたりが神妙な顔になるのを見て、アンドリューは、IDを差し出しながら続けた。

「失礼、申し遅れました。私はアンドリュー・オールダム。大手ファンド企業A社の副社長です。最近買収したのはネット検索大手のY社、アパレルのG社、ソフトウェアのN社など・・・・・・市長のマイケルとは『マイルーム』メイトです。あ、そのうちニューヨーク市も買収しようと思っています」

自信たっぷりの王子の発言に、男たちの顔色が変わった。

アンドリューは携帯を取り出すと、
「なんなら、いまからあなたたちのボスに電話しましょうか? 私たちの営業に何か不満でもあるのか、って。えーと、エドの番号は・・・・・・」

「い、いやいやいや! ちょ、ちょっと待ってくださいっ!!」

男たちが携帯を持つアンドリューの手をあわてて押さえた。

アンドリューは涼しい顔で、ぱちんとフラップを閉じた。
「じゃ、文句はないってことですね?」

男ふたりは、黙りこくっている。

あたしは、あっと思い出して、自分のトートバッグの中から、「トウキョウ」をふたつ、取り出した。
それをひとつずつ、彼らに渡して言った。

「サムと私が、心をこめて作りました。ニューヨークでしか食べられない、『トウキョウ』です」

ふたりは顔を見合わせていた。
が、ひとりが先に、ぱくりと食いついた。

もぐもぐもぐ。

「・・・・・・うまい」

そのひと言を聞いて、もうひとりも、ぱくり。もぐもぐもぐ。

「ほんとだ。うまいぞ、これ」
「なんだこの味。食べたことがないな。フライド・ヌードルが入ってるのか?」
「おもしろいな。・・・・・・おお、これはすごい」

うまい、うまい。

ふたりは何度もそう言いながら、ぱくぱく、もぐもぐ、あたしたちの「トウキョウ」を食べた。

ほんとは、完売したらサムと松井に食べてもらおう。そう思って、ふたつだけ取っておいたんだけど。

おいしい。

ニューヨーカーにそう言ってもらうために、あたしは「トウキョウ」を作ったんだ。
だから・・・・・・

衛生局のふたりは、食べ終わってすっかり笑顔になった。
そして、あたしたち全員と握手して、翌日の「トウキョウ」を4個、特別に予約までして帰っていった。

「助かったよ。ありがとう、ヒデキ、アンドリュー、ナツキ」

サムは満面の笑みで、あたしたちの肩を叩いた。

「おい。かっこよかったぜ、王子様」
松井がアンドリューにそう言うと、
「当然だろ。でも、ま。お前もかっこよかったよ、ヒデキ」
嬉しそうに、そう返した。

「でもいちばんかっこよかったのは・・・・・・」松井が言うと、三人とも、同時にあたしを指差した。

「サイコーだったよ、ハニー」
「いかしてたぜ、新・ベーグルマスター」
「なかなかやるね、お嬢さん」

みんなに肩を叩かれたりハグされたりして、あたしはすっかり照れてしまった。

誰かを、みんなをハッピーにできるベーグル。

とうとう、完成したんだ。
あたしは、もう、胸がいっぱいだった。

| | コメント (3)

#77 トウキョウ

さあ、準備完了。

◎のマークのついたボックスを首から提げたサムとあたしは、並んで立った。
目の前に、松井とレベッカがいる。でもって、松井はビデオカメラをこっちに向けている(頼むからやめてほしい・・・・・・)。

「Are you ready, Natsuki?」
サムが横から声をかける。あたしはサムを見上げて、大きくうなずいた。

「Sure! I’m ready!」

せえの。

「サムとナツキのベーグル、本日開店!」

あたしたちふたりは、声を合わせて高らかに宣言した。

公園内の小道を歩いていたビジネスマンが、芝生の上に寝転がっていた学生が、こっちを振り向いた。
「あっ、こっち見てくれた」
あたしがウキウキすると、
「まだまだ。もう一丁、いくぞ」
サムはそう言って、あのじんとしびれるような、ブルースを歌う調子で叫んだ。

「新作ベーグル『トウキョウ』発売! 世界にただひとつ、ここブライアント・パークにしかないベーグルだよ!」

ヤキソバベーグル「トウキョウ」の名付け親は、松井(ほんとは最初『ミト』にするって、やつは言い張ってたんだけど・・・・・・)。
そして「One & Only @Bryant Park(ただひとつ、ブライアントパークだけで)」というキャッチコピーも一緒に考えてくれた。

世界に、たったひとつ。ここニューヨーク、ブライアントパークだけで・・・・・・
なぜか、「トウキョウ」という名の、ヤキソバをはさんだベーグル。
意味がわからん・・・・・・

「おもしろいね。それ、ひとつください」

と、最初にやってきたのは、なんとアンドリューだった。
あたしたちは顔を見合わせて、こっそり笑いをかみ殺した。

「おおっ、なんだこれは?! フライド・ヌードルがはさんである・・・・・・めずらしいな。どれどれ・・・・・・うわっ。うまっ! うまいよ、これ?!」
とまあ流暢な英語で(当たり前だけど)、しゃあしゃあと・・・・・・

王子の迫真の演技につられて、ひとり、ふたり、足を止める人たち。

「『トウキョウ』? クールな名前だね。それひとつ。あとプレーンも」
「私も『トウキョウ』。同僚に買ってってあげるから、みっつね」
「僕も『トウキョウ』1個と、ブルーベリー1個。クリームチーズも」

 発売開始20分後。

 あたしたちの前に、あっというまに驚くほどの行列ができた。
 サムとあたしは、んもう本気全開で、売って売って売りまくった。
サムが計算して、あたしが袋に詰める。ディスプレイボックスがまたたくまに空になる。それを松井が補充、気がつくと、アンドリューとレベッカまでが、一緒になってベーグルを取り出して並べている。

「ランチタイムはスピードが勝負だからね」と、アンドリューは仕立てのいいシャツの袖を捲り上げて、白い歯をきらめかせて笑っている。
うっ、やっぱまぶしいです王子様。

 発売開始1時間後。

「やったぞ、ナツキ。完売だ」

サムの声がした。

見ると、補充用ボックスはすっかり空っぽになっている。
あたしは、きゃあっ、と飛び上がってサムに抱きついた。

「すごいぞ、ナツキ。『トウキョウ』は、10分で売り切れてたじゃないか」
サムは、信じられない、というように首を振っている。もちろん、あたしにだって信じられなかった。

抱き合って喜び合うあたしたちを、松井が「すげえな、まじで。やるじゃん」と面白そうにあたしたちをビデオに写している。
もう、ほんとやめてってば~・・・・・・

と、きちんとスーツを着たビジネスマンらしきふたりの男が、足早に近づいてきた。

「失礼。ベーグル・サム・・・・・・サム・ジョーンズだね?」

名前を呼ばれて、サムに緊張が走るのがわかった。
男のひとりは、ジャケットの内ポケットからIDを出して見せながら、言った。

「ニューヨーク市衛生局の者だが」

| | コメント (2)

#76 この気持ち

夏の日差しにきらめく緑の木々。
ランチまえの、少しだけ静かな時間。芝生には、子供連れのベビーシッターや学生たちが、いつもどおり思い思いにくつろいでいる。

ブライアント・パークはニューヨーク市が管轄している公園で、許可なくして物売りはできない。サムは、苦労して許可を取ったのに、たった一度のクレームで営業停止を余儀なくされた。今回、アンドリューや松井が奔走してくれて、ようやく営業再開の許可を得たのだ。

ニューヨークはすべての人々に寛大だけれど、同時に厳しい。それが現実なのだ。

「だけど、負けずに再チャレンジする人を、応援する。それが本当の、ニューヨークなんだ」

ゆうべ、緊張のあまりなかなか寝つけずにキッチンでうろうろしていたあたしに、松井がそんな話をしてくれた。

「サムは黒人だし別に金持ちでもない。正直、ハンディキャップはある。でもそれを乗り越えて何かやろうとする人に、アメリカ人はエールを送るんだよ。アメリカ人ってのは、大ざっぱで調子のいいとこもあるけど、前向きで一生懸命なやつをとにかく応援するんだ」

だからおれはこの国が好きなんだ、と松井は言っていた。

その言葉に、あたしがどれだけ励まされたか。

確かにサムにはハンディキャップがある。でも、あたしのほうがもっとある。

日本人のコムスメ。金なし、コネなし、男なし。って考えただけで情けなくなる。

だけど、前向きで、一生懸命っていうのは、誰にも負けない。だって、それしかないんだし。

松井は、あたしに言わなかった。大丈夫だよ、とも、がんばれよ、とも。

そのかわり、ひと言だけ、言ってくれた。

「やってみろよ」

あたしは大きくうなずいて、答えた。

「うん。やってみる!」


そんなゆうべの会話を心の中で反芻する。

あたしの少し前を、ゴロゴロとカートを引っぱって歩く、松井の背中。

あたしはこの人と、ここで出会った。

それからずっと、どうしてだかわからないけど、気がつくといつも、助けられてる。
そしてこの街に来てからは、いつもそばにいてくれる。
すごく、自然に。

あたしは松井の大きな背中、出会ったときと同じく「55」と背番号の入った紺色のTシャツを、じっとみつめていた。
不思議な気持ちが、あたしをいっぱいに満たしている。

この背中に・・・・・・
これからも、ずっとついていきたい。

「ハーイ、ナツキ。ヒデキ、ここよ~」

一番大きな木の下で、アンドリューの秘書、レベッカが手を挙げて合図する。ベストポジションを確保しておいてくれたのだ。

あたしは、大きく手を振り返した。

「レベッカ~! とうとう、ここまで来たよお!」

「おおっ、なんてこった。見てみろよ、ナツキ」
サムが遠くを指差して笑い出した。その先には、アンドリューの会社が入っているビルが
あった。

『祝◎サムとナツキのベーグル オープン◎』

横断幕が、下がっている。しかも異様に達筆な筆書きの日本語で。

「あーあもう。やめとけって言ったのに」
松井はあきれて笑っている。あたしもレベッカも、つられて大笑いになった。

楽しそうなあたしたちを見て、通り過ぎる人たちが、何事かと眺めている。

さあ、いよいよ店開き。

松井と並んで、ひとつひとつ、ベーグルをディスプレイボックスに入れ替えながら、あたしはふいに気がついた。

さっきからずっとあたしの中をいっぱいにしている、この気持ち。
ううん、違う。この気持ちは、けっこうまえから、とっくの昔から、あたしの中にあったんだ。

この気持ちがあったから、あたしはここまで・・・・・・来れたんだ。

いま、わかった。

あたしは、松井が・・・・・・
・・・・・・好きなんだ。
この人のことが大好きで、ここまで来たんだ。

そう気がついた。

そしたら、なんだか急に、涙がこみ上げてきた。
松井の呼吸や、笑い声や、すぐ近くの体温が、不思議なくらい、せつなく迫ってくる。

へんなの、あたし。
こんなことで、涙が出るなんて。
こんなことが、こんなに嬉しいなんて。
松井が好きだ、ってわかっただけで。

涙を飲み込んで、一生懸命にベーグルを並べながら、あたしは自分にこっそり誓う。

決めた。あたしの、次のステップ。

いつか、きっと告げよう。
この気持ちを、この人に。

この場所で。

| | コメント (3)

#75 二重マル

◎。

ってこれ、なんだと思う?

二重丸。はい、その通り。
いやいや、そうじゃなくて。
これ、松井がデザインしてくれた「Sam & Nackey’s Bagels(サムとナツキのベーグル)のロゴマーク。二週間近くあれこれ考えて、出てきたのが、これ。

『サムとナツキのベーグル』ブライアント・パーク完全制覇戦略会議(アンドリューが名づけた)で、堂々、発表された。

「おお!これは、ターゲット??」サムがすぐに反応した。
「まあ、そういう意味もある」と松井。自信満々だ。

「鬼太郎のオヤジだ」と、アンドリュー。どんだけ日本通なんですか王子様・・・・・・

「それに、『あーん』って口あけてる顔。だろ?」
アンドリューは、けっこうマンガ脳のようだ。でも、言われてみるとそうも見える。

「そして、ブライアント・パークからニューヨークじゅうに、アメリカ全土に、日本に、世界に広がっていく波紋・・・・・・」

続けて言いながら、遠い目になっている。
うわ・・・・・・いきなり世界視野。さすがです、副社長。

「君はどう見えるんだい、ナツキ?」
サムに聞かれて、うーん、とあたしはうなってみせた。だけど、ほんとは見てすぐに、答えはわかっていた。

「・・・・・・ベーグルのかたち」

あたしが言うと、「その通り!」と、松井は嬉しそうな顔になった。が、すぐに腕組みして、
「ってか、そう思わねえかフツウ? ベーグル屋のマークなんだからさ。的だの鬼太郎だの・・・・・・」
ぶつぶつ言っている。あたしたちは、顔を見合わせて笑った。

「でも、ま。全部当たりってとこかな。たくさんの人たちがこのベーグルをターゲットにしてパークにやってくる。あーんと大口開けて食べて、二重丸。でもって、ここから世界に広がっていく・・・・・・」

「鬼太郎はどこに出てくるんだ?」とアンドリューは食い下がっている。けっこう本気みたいだ・・・・・・


そんなわけで、◎のステッカーをいっぱい作って、準備期間中、ベーグルの袋にみんなで貼った。
「これも戦略会議の作業の一環だ!」と、アンドリューもぺたぺた貼ってくれた。けっこう、楽しそうに。

なんだか、信じられなかった。

こうしてニューヨークで、ひとつの目的に向かって、みんなで一緒に作業している。

ブライアント・パークでベーグルを売り出すことが、最初は究極のゴールだったけど。
いまは、大好きな人たちと一緒に、力を合わせて何かをする、そのプロセスこそが、何より嬉しかった。


そんな準備期間を経て、本日。

大きな◎が書いてある箱にベーグルを詰め込んで、あたしたちは3台のキャリーカートに箱を積み上げ、しっかりゴムバンドで固定した。
「初出荷には会社のリムジンを出す」とアンドリューは言ってくれたけど(そしてリムジンにも横断幕を下げるとまで・・・・・・)、サムのもともとの出勤スタイルで、キャリーカートと地下鉄でいくことにした。
そのほうが、ずっと、あたしたちらしい。

「じゃあ、初出荷だ。用意はいいかい、ナツキ?」
サムが言う。大きな目は、いつにも増してきらきら輝いている。
あたしは、大きくうなずいた。

松井はカートを引っぱりながら、あたしたちをビデオカメラで追っかけている。なんでも「メーキングビデオ」を作るんだそうだ。ほんとにもう、やめてってば・・・・・・

「おっ、ナツキ選手。緊張してます」

なんて、ヘンな実況中継まで入れてるし。

「笑って笑って。あ、いい笑顔です」

小学校の入学式に出かけていく気分。なんだか、くすぐったい。

いよいよ、始まるんだ。あたしの、あたしたちのドリームジョブが。

今日、ブライアント・パークで。

| | コメント (1)

#74 デビュー

一ヶ月後、午前十時。サムのアパート。

「おい、ちゃんと個数確認したか?」
松井の声が背中に飛んでくる。

大きなキャリーボックスには、透明のプラスチックの袋にきれいに包まれて、ベーグルがぎっしり詰め込まれている。

「数えたってば。プレーン30個、チーズ30個、ブルーベリー20個、それに・・・・・・」

「ヤキソバベーグル20個も」
楽しそうに、サムが横から付け足した。

「やっぱり」と松井は不満そうな声を出す。
「ヤキソバベーグル20個じゃ少なすぎだって。『ナツキのベーグル』はそれを看板にしたほうがいいって、何度も言っただろ」

「えーだってさあ。ニューヨーカーがヤキソバベーグルなんて(日本人でも食べたことのないようなシロモノ)受け入れてくれるとはあんまり思えないし・・・・・・」

サムがまた、口をはさむ。
「私も言っただろナツキ? ニューヨーカーは新しいもの好きなんだ。引っ込み思案にならずに、がんがんやっちゃえばいいんだよ」

ってとりあえず20個にしとこう、って言ったのはサムのくせに・・・・・・

「まあ、とにかく」
サムはあたしの白い目を避けるように、両手を勢いよく、ぱん、と合わせた。
「準備万端! いつでも行けるよ、ヒデキ」
「よしきた。じゃ、連絡するぞ」
松井は携帯電話をかけた。

「アンドリューか? こっちは準備OKだ。パークの、いちばんいい場所をスタッフに陣取ってもらってくれよな・・・・・・え、横断幕?」

な、なんですと?!

「ちょっ・・・・・かして!」
あたしはあわてて松井の手から携帯電話を奪った。

「もしもしアンドリュー? 何なの横断幕って?」
「ああナツキ。私の部屋の窓に『祝・ナツキのベーグル オープン』って書いた横断幕を張り出そうかなって思って・・・・・・あ、もちろん英語でだよ?」

あたしはアンドリューの日本語が理解できずに青くなった。
松井はお腹を抱えて笑っている。サムまで一緒に笑い出した。

「えーっやめてよもう! お願いだってば王子様っっ!!」
あたしは赤くなったり青くなったりして、ひとりであたふたしてしまった。

なんて日なんだろう。
なんてとんでもなくて、なんてどきどきして、なんて楽しい日なんだろう。

今日は、あたしのベーグルのデビューの日。
いつか、ブライアント・パークで・・・・・・と思っていた。
でも、もう違うんだ。

いつか、じゃなくて、今日。
今日、ブライアント・パークで。
あたしは、夢のベーグルを売り出すんだ。

サム直伝のベーグルが完成してから、今日まで。どんなベーグルを作っていくべきか、どうやってみんなに知ってもらうのか。あれこれサムと話し合ってきた。
準備に準備を重ねて、今日のこの日を迎えたんだ。

完成してすぐ、松井に食べてもらった。
超どきどきして、なんか告白する気分そのもの、って感じだった。

松井はひと言、「すげえ」と言った。
そのあとすぐに、「ヤキソバはさんでいい?」と言った。

まったく、なんなんだそのリアクションは?!

それから松井は、あたしのベーグルにはオリジナリティがある、だからヤキソバベーグルみたいな変わったオプションもありだと思う、と言ってくれた。

そしてそして、もうひと言、言ってくれたのだ。

おれにも、手伝わせてくれないかな。
「ナツキのベーグル」をみんなに知ってもらうために。

なんだか、告白されたみたいに・・・・・嬉しかった。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ココログ小説